突然の別れ

 以前に1度、実家の猫、ダイゴロウの事を書いた事がありました。

4代目ダイゴロウ

そのダイが、10月2日の夜から3日の未明の間に、
虹の橋に行ってしまいました。


画像



散歩が大好きで、リードを付けて母とお散歩に行っていたダイ。
基本は室内猫だったけど、時々脱走したり、お外に出してもらう事もあって、
半分、外猫だったかなぁ~。ハクビシンを追いかけてたという伝説も(笑)


2日の夕方、その日も母とお散歩をして元気に帰って来たのですが、
その後、また外に出てしまったのです。

いつもなら数時間で帰って来るし、
「ご飯だよ~」と、猫缶をスプーンで叩く音には、すっ飛んで来るのに、
その日は探しても見つからず、夜になっても帰って来なかったそうです。

家族は玄関の扉を少し開けて、ダイを待ちました。
ところが朝になっても戻って来ません。

交通事故にでもあったのでは?と、父母弟で再捜索に出ました。
しばらくして「ダイがいたよ!!」と、父。

隣の家の庭先で発見したのですが、その時にはもう、
ダイの身体は、家の方を向いたまま、冷たくなっていたそうです。

見た目にはとても綺麗で、外傷も何も見つからず、
事故なのか病気なのか、突然死なのか原因は分からないまま。

ダイがどんな最後を迎えたのか。。。
痛かった?辛かった?苦しかった?お家に帰りたかったよね。


ダイゴロウ6歳。まだ早い、突然のお別れでした。



ダイはその朝、家族に見守られ、実家のお墓のすぐ近くに埋葬されました。

私はその翌日の、今日(日付が変わってしまいましたが)お墓参りに
行って来ました。

画像


今年の猛暑で咲き遅れた彼岸花が、
まるで、ダイを待っていたかの様に咲いていました。


この記事へのコメント

2010年10月05日 08:18
お気持ちお察しします。

近所でもハクビシンが出現しますが、外飼いのわんちゃんのお水をハクビシンが飲んで、その後に飲んだわんちゃんが死んでしまったと聞いたことがあります。

ハクビシンは強力な菌をもっているのだとか。

外傷がないとの事なのでその事を思い出しましたが、原因はどんな事であれ、私もお外に出してるにゃんこを交通事故と原因不明で2匹亡くしましたが、本当につらいです・・・。

ダイゴロウちゃんが天国で幸せでありますように。

ご冥福をお祈りいたします。
Ranran
2010年10月08日 02:04
猫キチさんへ

ハクビシン。私が実家にいた頃は、ハクビシンなんて聞いた事も無かったのですが、いつの間にか姿を現して増えているようです。
お水を共用したワンちゃんが亡くなるなんて!そんなに強力な菌を持っているなんて知りませんでした。
毒を食べたらのなら、口から泡をふくはずだよね。なんて母は言ってたけど、もしそれが菌だったら・・・。

実家の3代目は交通事故で亡くしました。
本来、猫は家の中や外を出入りしながら、人の回りで生活して来た生き物だと思うのですが、最近はそれが出来ない環境になってきましたね。
外猫、外犬には受難の時代かも知れません。

ダイゴロウは、突然逝ってしまったので、信じられない気持ちや、虚しさや、悲しさが入り混じって、なんとも言えない気持ちでしたけど、きっと虹の橋で楽しく生活しながら、私達を見守ってくれていると思うと、感謝の気持ちになれる気がします。

猫キチさん、どうもありがとうございました。