出会いの日

GWに入って、それまでの肌寒さが嘘のように暑い
今年の春は少し寒かったので、いきなり初夏になったみたいですね。
ニャンズは窓辺で風にあたりながら、気持ち良さそうにしています。

昨日はレオンの家族記念日した
今日は、その思い出を書こうと思います。
かな~り長くなりそうですので、暇な時にでも、
読んでいただけたら嬉しいです。

゜・*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。. .。.゜・*・゜゜・*:.。. .。.:*

3年前の4月30日、我が家にレオンを迎えました(*´ー`*)
きっかけは、その前の年に実家に迎えた、4代目の猫、
長毛種Mixのダイゴロウ君です。

この4代目ですが、小さい頃は本当に可愛くて
ダイゴロウというよりは、コタロウという感じでした(笑)
今では立派なダイゴロウです(≧∀≦)
いつかブログでも紹介したいなぁ~。

画像


それからというもの、私は彼に会いたいがために、月に2回、
多い時は、毎週のように実家通いを始めたのです。
それまで、実家には、お正月、お盆、お彼岸、母の日、父の日など、
イベントがないとあまり行かなかったので、
父には「猫がいると来るのか!」
と、ちょっぴりイヤミ?を言われてしまいました(;^-^A

時々は旦那さんも一緒に行ったのですが、彼は今まで
昆虫しか飼った事がなく(しかも子供の頃)、
少しアレルギー体質なので、猫の毛アレルギーだと信じていたのに、
全然平気で抱っこ出来たのが嬉しかったみたいです(*^_^*)

画像


20歳代の始め頃は自分の事で忙しく、結婚してからは
ペット不可の賃貸マンションで、その後、両親との同居で、
動物は諦めていたのですが、私の実家通いを見て、
旦那さんが、「猫飼ってもいいよ」と、言ってくれたのです。
やったー
本当は、実家までの、高速道路料金片道1100円が
痛かったのかなな~んて(笑)

画像


そして、いよいよ猫を迎える事になるのですが、何故かその頃、
子猫が生まれたから、もらってとか、捨て猫を発見とか、
まったく縁が無く(猫はそういう所から来ると思っていたんです)、
ついにペットショップから迎える事に。
当然、雑種の猫ちゃんがいる訳もなく、ペットショップや猫図鑑や
ネットで、色々な種類の猫を調べました。さすが純血種
みんな美しい猫ばかりです。でもなかなかピンとこなくて・・・。

画像


すると・・・こんな文章を発見

性格は明るく活発、頭脳明晰、野性味にあふれ、
流れる様なボディーライン。動きにあわせて輝きを変える、
ティッキングの美しいセミロングのダブルコートの被毛。
ゴージャスな襟巻き。まるで雲の上を歩くかのような軽やかな足どり、愛らしい鳴き声は、鈴を転がしたかのよう。


もう、ただただうっとり~(*´。`*)
そうです、ソマリです

カラー、形、性格。まさに私にとっては理想的
それからというもの、ソマリについてあれこれネットで検索。
家族にするのは、ソマリのルディの男の子と決めました。
せっかく猫(ひとり息子)を迎えられるのだから、
とことん愛せる子と出会いたかったのです。

画像


そして運命の日の前夜、ペットショップのホームページを見ていた
私の目に飛び込んで来たのが、可愛いルディの男の子。
他にもソマリの子は目にしていたのですが、何故か、
この子には会いにいかなくちゃという思いがしたのです。

翌日、ショップに電話をすると、「その子はまだ居ます」との事。
早速、旦那さんと一緒に会いに行く事にヽ(^◇^*)/
そのショップは家からだと、都内を横断する事になり、
GWが始まっていたため、見事に首都高の大渋滞にハマって、
やっと到着したら、もう夕方です

ショップの入り口側に、色々な種類の可愛い子猫達がいました。
順番に見て行くと・・・、あれ?犬になっちゃった。ソマリの子は
店員さんに聞いてみると、「電話をくれた方ですね、こちらですよ」と
犬達より奥のショーケースに案内されました。

画像


第一印象は、”なんて美しい猫なんだろう
そして大きい?生後3ヶ月半でしたが、他の子猫達よりもひとまわり
大きかったんです。
店長さんは、「この子は、来た時から大きめだったんですよ」と。
すでに、おっきい君だったんですね。2kg近くありました(≧∇≦)

そのショップでは種類で名前を呼んでていたので、
ラブラドールならラブちゃん、ノルウェージャンFCならノルちゃん、
当然ソマリはソマちゃんと思いきや、”アビちゃん”と呼ばれて、
なんで?ソマリは初めてだったので、
アビシニアンから呼び名をいただいたらしんです。

画像


そして、手を消毒し、ついに抱かせてもらう事に
「うちに来てくれる?」と問いかけると、喉をゴロゴロ鳴らしながら、
よじ登って来て、私の顔にチュッ

その瞬間に、「あぁ~~~この子だ ついに出会えた」って。

私達に出会うために、ここで待っていてくれたのかと思うと、
この子には感謝の気持ちでいっぱいになりました。
「待っていてくれて、ありがとう。私達の家族になってね」

とりあえず会いに行こう!と思って来たので、
「この子はすぐに連れて帰れますよ」の言葉にビックリ
 えっペットショップってそうなの

まだ何もお迎えの準備をしていなかったので、慌てて、
必要な物を揃える事にしました。ショップですから、
何でもあります。(当たり前ですけど 笑)

そして、ちょっと落ち着いて見てみると、
この子のショーケースにはGW値下げの文字が・・・。
その時、「うちの子が値下げ?なんて失礼な」って。
もう、すでに”うちの子”だったんです(笑)

命や心を持つ動物を、お金で売り買いするのには少し抵抗が
あります。なので、私はこの子を誕生させてくれて、育ててくれた
お礼だと思う事にしています。値下げで売ろうというのは嫌ですね。
金額の問題では無いと思うんです。ただ安いのはちょっと嬉しいし・・・。
複雑な気持ちでした。

画像


”うちの子”は爪切りや、耳掃除、肉球のはみ毛切りや、
ブラッシングをしてもらい、婿入り準備です
婿入り道具は、ネズミのおもちゃと、
トイレ躾のための、ちっこの臭いが付いた紙です。
私達は飼育説明を受け、書類にサインをし、気付くと閉店時間。

この時から、旦那さんは”パパさん”に、私は”ママさん”になりました。
いよいよ”うちの子”を連れて、我が家へ。

画像


帰りの車の中で名前を決めました。色々考えてはいたのですが、
強く逞しく生きて欲しいという思いと、見た目で、
百獣の王ライオンから”レオ”それがパパさんの意見だったのですが、
私が聞き間違えて、「いいね~レオンね」と言ったので、
めでたく”レオン”に決定

車に乗った時は、ニャーニャー鳴いていたレオンですが、
抱っこしていたら、そのまま寝てしまいました
後にも先にも、私の膝の上で寝んねしたのは、この時だけです。

その時の小さな命の重さは、今でも忘れられません。
絶対に守らなくてはと・・・。

ふと、思ったんです、この命、生死さえも、自分次第だと。
そう思った瞬間、責任の重さに恐怖すら覚えたのです。

その夜は夢を見ました。夢の中で、2匹の子猫を迎えた私が、
1匹を一時的に箱に入れ、もう1匹を他の場所に移動したのです。
ところが、箱に入れた子の事をすっかり忘れて、1週間後に思い出し、
箱の前で恐怖に凍り付くのです。本当に悪夢でした。

かなり怖い事を書いてしまいましたが、あの時に感じた小さな命の
重みが、何があっても、この子の事は最後まで守っていくと、
強く決心させてくれたのです。

結局、家に着いたのは遅い時間になってしまいました。

画像


この日から、パパママとレオンの家族生活が始まったのです
毎日レオンに、たくさんの幸せをもらいながら、パパママも成長します。

レオン、うちの子になってくれて、本当にありがとう
゜・*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜ヽ(*´▽`)ノ゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。. .。.

その後、レオンに妹を迎える事も出来て、
もう、立派な”親ばか”でーす
今更宣言しなくても、みんな知ってるアハハ・・・。



こんなに長いのか
いっきに余計な事まで書いてしまって、読んでくださる方には、
本当に申し訳ないです

ご訪問いただきありがとうございました<(_ _)>
          にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ


前回の記事にいただいた、コメントのお返事よりも、先の更新になってしまいました。
必ず、お返事書くので、待っていてくださいね。
申し訳ありません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

モモママ
2008年05月01日 23:37
レオンくん一周年おめでとうございます!
写真を見て「この子!」って言うのすごく良く分かります。モモもまったく同じです。
私も命をお金で買うというのに抵抗があって、値段ではなく、ブリーダーさんへのお礼だと自分に言い聞かせていました。モモの写真を見た時「この子、絶対この子じゃなきゃダメ」って思ってすぐに連絡して今のご縁がありました。
でも、モモが来てくれてから最初に考えたことは、この子はおそらく自分より先に天国へ旅立つんだよね(泣)長生きしてくれる猫だってたくさんいるんだ、モモがいてくれる時間はとっても貴重、だから大切に愛情たっぷりで幸せに過ごして欲しい、パパとママの娘で良かったってモモが思ってくれる家族にしなきゃ!って最初にこんな事考えてしまいました。本当におバカですが、ずっと続けていた仕事も辞めてモモとの時間を優先したぐらいなんです。だから、すごくよく分かるんです。
そして、ソマリに惚れこんだ気持ちも♪
私はアビに決める以前に「短毛」が条件で探したのでアビシニアン、美しすぎるし賢くて人なつっこくて・・・・
これからも親バカっぷりたくさん紹介してくださいね~楽しみにしてます♪
ティビママ
2008年05月02日 10:03
 生後3ヶ月半で2キロ。。。聞いてはいたけどやっぱりでっかいよね(^▽^;)(未だに血統書偽造を疑っている私(^▽^;)ごめんね。笑)

 あぁ~~~この子だ!ってのはありますょね(*^▽^*) ティビに会った時そう思った でも大人ニャンだったし~譲ってもらえないのはわかっていたけど ご縁があって家に来た!! 
 レイはパパさんが一目惚れし即決!運命!?必然!?そういうのが重なるんだな~って思います(゜ー゜)(。_。)ウンウン

 レオン君はRanranさんの元へ来る為に産まれてきたのょね~私もそう思いますょ♪それに~レオン君がいたから私はRanranさんとお知り合いになれたし~(私が強引に声かけたって噂も!?笑)
 親ばかいいじゃないですか~(*^▽^*) 私も親ばか街道まっしぐらですょ(^_-)---☆Wink
りんぽぽ
2008年05月02日 12:44
こうしてお友達にゃんちゃんの「出逢い物語」を聞く度に、やっぱり人間が猫を選ぶんじゃない、猫さんがパパママを呼ぶのね~って、つくづく思います(*´∇`*)。
レオンくんも、しっかりRanranさんとパパさんを呼び寄せたのねvv
そのきっかけ作りをしてくれたダイゴロウくんにも感謝ですね~(*^-^*)とっても魅力的な猫ちゃんです♪♪

レオンくんをお迎えした日にRanranさんが見た夢。分かります~。私も似たような夢を何度かみたことがあるの(><)。
おもちゃやぬいぐるみじゃない、宇宙と同じ重さの「命」を育てることの責任。それは、ある意味「枷」だと思うんです。
その枷の重さを簡単に放棄してしまう哀しい人間も多いけど、それをがっつり受け入れたママパパだけが、何ものにも代え難い「幸せ」を見つけられる。そう思ってます(*´∇`*)。

レオンくんのお迎え記念日おめでと~!!!!
PAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゜`☆、。・:*:・゜`★
親バカばんざ~い♪♪ヽ(゜∀゜)メ(゜∀゜)メ(゜∀゜)ノ
ハルミン
2008年05月02日 14:24
出会いは、ソマリに釘付けになっちゃったんですね(^^)私もそうでした。
先代猫が亡くなってなにげなくペットショップにいったらソマリがいました、ソマリという名も知らなかった。一目ぼれってありますよね(^^)
ジェニーの弟を迎えるのに捨てニャンならいくらでも迎えれれるのですが・・・・・
やっぱり弟はソマリと拘りを持っているんですよね!!
ぶひこ
2008年05月02日 15:50
レオンさんに一目ぼれだったんですね^^初対面なのに猫の方からよじ登って来てくれるのは運命感じますよね^^モンの場合も5匹いたのにモンだけがよじ登って来てくれて感激でした。レオンさんもペットショップでRanranさんが来るのをずっと待ってたのかもね。うちもモンを迎えてから死ねない!って思うようになりました。事故や事件にあったらこの子にご飯を誰が与えてくれるの?っていつも思います。だから地獄の底から這い上がってでも生きるつもり(笑)人間より少ない猫生だから虹の橋を渡る日が来るまで、楽しい時間を過ごさせてあげたいですよね。お金で動物を買うこと私も気が引けます。とは言いつつ実際買ってる自分。複雑です。
ぶひこ@再び
2008年05月02日 15:52
里親募集や施設からの引き取りで飼われてる方には本当に頭が上がらないです。。ただ都合がいいかもしれないけど、動物の血統の保護にはお金が必要という部分もある気がしてます。ブリーダーさんが血統を守ってるからその感謝として代金を払ったと考えてます。でもいずれ自分に余裕が出来た時、施設から引き取りたいです。いつになるか分かりませんけど。。親バカ街道まっしぐら♪大賛成♪♪可愛いんだもの。仕方ないよね!!
くぅ。
2008年05月02日 16:54
Ranranさんとレオン君の思いで話、とっても素敵だな~って思いました☆本当に運命というか、他の子と違う何かを感じる事ってありますよね☆レオン君、こんな優しいママに出会えて本当に良かったね!これからもたくさんの幸せを積み重ねていって欲しいです♪
ちゃんと読ませていただいたのですが時間がなくて、短いコメントしかできなくてゴメンナサイ(><)
レオン君の名前が決まった時のエピソードは笑ってしまいました(笑)
ぷち
2008年05月02日 19:05
「この子に会いに行かなくちゃ!」この直感が運命の出会いですよね。
Ranranさんはダイゴロウちゃんに会いに行くくらい元々猫好きだったんですね。ご主人が猫アレルギーじゃなくてよかった!
レオンくんを迎えることが出来て本当に幸せですね。
責任と覚悟から怖い夢を見てしまったようですが、本当に猫は飼い主次第でどうにでもなりますもんねぇ。
これからもこの子たちをかわいがり、守っていきましょうね。
そしてこれからもずっとレオンくんとルルちゃん、パパママで幸せに暮らせますように祈っています♪
レオンくん、家族記念おめでとう!!


yjank
2008年05月03日 02:45
まさに運命の出会いですよね♪近場で猫さんとの出会いがなく、ソマリという猫種にRanranさんがピンと来て、ネットで探してレオン君を発見、実際会って見てそれこそピンっと来たんですもんね♪どこかで少しでもずれてたら出会わなかったのかなぁ?とも思いますが、出会うべくして出会ったのでしょうね~。素敵すぎる出会いですよね!!なんだか共感しまくりというか私とネロの出会いもかな~り似てるところあるので!思い出しちゃいました~。私もはっきりくっきり覚えてるんですよ!マネッコして記事書いちゃおうかな(笑)
今でも私このコ達最後までちゃんと面倒みなくちゃと思うと怖くなるときあります。。自信がたまになくなるというか・・。でもママになったからにはそんなこと言ってられませんよね♪♪
ちなみにネロの名前の候補にレオもレオンもあがってました^^もしかしたら同じ名前だったかも?でもそうならないのが運命??(笑)
猫アレルギーじゃなかった旦那様万歳~ですね♪
ロミオ
2008年05月03日 11:11
分かる~すごく分かるよ~(^^♪
ルーもショップで飼ったの!!
抱っこさせて貰ったら坊ちゃんにチュってしてきてペルペル!!この子だわ~って思いました!!しかも、そこのショップは第一土曜日は動物が20%引きになるみたいで見に行った日が安い日だったのね。でもパパの承諾がなかったから結局飼ったのは通常価格だった。微妙な気持ちだったけど、この子だ~って思える子が家族の仲間入りになるものなんですね(。→∀←。)キャハ♡
小さい頃から大きかったのね!レオン君!!
素敵よ~
jj
2008年05月04日 01:00
素敵な出会いですね。
私が、初めてソマリを知ったのは25年以上も前に見たソマリです。
なんて素敵な猫だろうと思いましたが、その当時は何処にもいなくて出会う事も無かったのです。

それから10年くらいして、ふと見たタウン誌にソマリの子猫をお譲りします。てみて走っていきました~(近所だったの)
それから、早10年以上が経過しました。

ペットショップの実態を見て、(あることが、きっかけで)できれば自分の手から直接、お譲りしたいとおもったものでした。こうして、大切にして頂いて、とっても嬉しいです。
命をつくるものとして、いつ止めようかなと自分自身に問いかけながら、やっています。
お譲りするまで、一杯の愛情を掛ける自信はあります。(それしかないのですが)

今日、馬の物語やっていましたね。
素敵なドラマでした。(ないてしまいました~)あんな風に愛してくれる人がいれば皆幸せね。

レオン君もきっとこんな感じでママを、パパを呼び寄せたのかな~
もちろんルルも!!

素敵な出会いをありがとうです。

のちく
2008年05月04日 13:13
猫さんとパパさん、ママさんの出会いのお話はいつも心が温かくなります(*^_^*)
レオンくん、きっと小さな手から一生懸命運命の赤い糸を手繰り寄せたんだね、優しいパパさん、ママさんに会えて本当に良かったね( ´艸`)

怖い夢のお話、Ranranさんがそれだけレオン君の命の重さを感じた証拠だと思います。
動物と暮らす人がみんなそうであって欲しいなあと切実に思います。

私も現実金銭で猫をやりとりしている立場として、頂いたものはイコール責任の重さだと思っています。
ブリーダーとしての責任を負うべき現実的な重みかなって。
なんだか意味不明ですいません((○(>_<)○))
これからもみんなで仲良く、楽しい日記が綴られていくのが楽しみです!
Ranran
2008年05月05日 00:29
★モモママさんへ★

ありがとうございます(*´ー`*) あまり記憶力の良くない^^;私ですが、子供達を迎えた日の事だけは、良く覚えているんです。
うんうん(゜ー゜)(。_。)モモママさんの、全てに共感!そして「この子じゃなきゃダメ」って思える、モモちゃんや、レオンやルルに出会えた私達って、本当に幸せ者です。
そして私も、先に虹の橋に行くであろう、この子達の最後は、絶対に見守ってあげる!って思いました。せっかくパパママとして選んでもらえたんだもの、その時には、このパパママの子で良かったって思ってもらえる様にと。
あとね、この子達は私達に何かを教えてくれるために、産まれて来てくれた様にも思うんです。とても大切な事を・・・。
モモちゃんとの時間をとっても大切になさっているモモママさん、とても素敵です。私も何かあったら仕事を辞める覚悟は出来ているんです。でも今はニャン達のご飯の為に働いてます(;´▽`A``ママさん頑張る~(^◇^)┘
Ranran
2008年05月05日 00:29
★ティビママさんへ★

3ヶ月半でルルでも1.4kgくらいあったので、レオンの約2kgは、まあ大きめですけど、凄いのはそれから!ぐんぐん成長するする!(≧m≦*) 1歳を少し過ぎるまで停滞する事も無く、立派に大っきい君になりました(;´▽`A``
ちゃんと運命の子は、分かる様になっているんですね。猫も人も。ティビママさんがティビちゃんに感じた運命も劇的に的中だもの。パパさんとレイ君にも、ちゃ~んと赤い糸が見えたんですね。
レオンは私達に、何か大切な事を教えるために、産まれて来てくれたんだと思うんです。そして、ティビママさんとの縁を紡いでくれたのもレオンでしたね。
親ばか最高ですね☆ だって楽しいもの~ヽ(*´∀`)ノ
Ranran
2008年05月05日 00:30
★りんぽぽさんへ★

うんうん、私もママとして子供達に選んでもらえたんだから、後悔させないように~て思っています。赤い糸って、本人&本ニャンにはちゃ~んと見えるんですね(*´ー`*)
そうそうダイゴロウ君!彼もまた、私の弟と劇的な出会いでやって来たのです(*^_^*)
良かった~怖い夢まで見たの、私だけじゃなくって。”ついうっかり”も許されない責任の重さ、「枷」ですね。子供達は私に大切な事を教えてくれるために、わざわざ産まれて来てくれたとも思うんです。
それを放棄なんて考えられませんね。枷の重さの分だけ、幸せがもらえるんだもの(*´艸`)
わ~い仲間(# ゜∀゜)人(゜∀゜*)ノ 親ばか万歳!!
Ranran
2008年05月05日 00:30
★ハルミンさんへ★

レオンがうちの子になってくれた事、とても感謝しているんです。だから子供達のために、私も頑張らなくちゃ~って。
うんうん(゜ー゜)(。_。)やっぱりハルミンさんにも、ジェニィー君との赤い糸が見えたんですね。ジェニー君の弟もソマリで~って思う気持ちが、まだ見ぬ弟君の赤い糸につながっているんだと思います(*´艸`)
野良ちゃんだって、赤い糸があればピンときちゃうもの~(*^m^*) これからハルミンさんに待っている出会いがとても楽しみです。
Ranran
2008年05月05日 00:31
★ぶひこさんへ★

やっぱりモンちゃんにも、ぶひこさんにも、ちゃ~んと赤い糸がつながっていて、モンちゃんはぶひこさんの子になるために産まれて来てくれたんですね。
地獄の底から・・・・・・素晴らしい!逞しい!(^◇^*) でも本当にそうなんです。私も、この子達の最後を見守って、安心して虹の橋に送ってあげられるのはパパママしかいない!だから死ねない!って。
このパパママを選んで幸せだった~って思ってもらえる様に。
ブリーダーさんは本当に尊敬します。命ある動物の血統を守るのは大変な事だと思います。ひとりでは決して出来ないですし。多くのブリーダーさんの努力によって、我が子を迎えられるんですから、それを考えると、謝礼にはた~くさん上乗せしたくなりますね。宝くじでも当たらないと無理!?(;´▽`A``
ぶひこさんもエライ!世の中から、かわいそうな子がいなくなるように、少しでも手助けできたらいいですね。
Ranran
2008年05月05日 00:31
★くぅ。さんへ★

レオンは私達に何か大切な事を教えてくれるために、産まれて来てくれたんだと思うんです。だから最初から赤い糸はつながっていて・・・レオンにはちゃんと分かっていたんだと思います。これを運命っていうのかなぁ~(*´ー`*)
そしてキアラちゃんも、くぅ。さんのもとへ。私達は責任を任される分、たくさんの幸せをもらっていますね~(*´艸`)
レオンの名前は聞き間違いかい!\( ̄ー ̄;) これも、そうなる運命だったのよ~(笑)長い記事を読んでいただいて、有難うございました(*^_^*)
Ranran
2008年05月05日 00:31
★ぷちさんへ★

「この子だ!」って直感ありますよね。でも、ニャンコの方がもっと、ちゃんと赤い糸が見えていると思うんです。たぶん、この人の子になるために産まれて行くぞ~って(*^_^*)
ダイゴロウも私の弟と劇的な出会いをしたんですよ。マロ君も、テンテン君も、ぷちさんの子になるために産まれて来てくれたんでしょうね。
だから私もぷちさんと同じ。この子達をかわいがって、守りたいと思います(^ー^*)
パパさんは、ただの思い込み猫アレルギーで良かったです~ε-(;ーωーA フゥ…
Ranran
2008年05月05日 00:32
★yjankさんへ★

そうなんですよね。猫を迎えたいと思った時にかぎってまわりで縁が無かったんです。ところがレオンを迎えてからは、なぜか周りに出没するんですよ~(;^-^A 神の導きだとしか思えません。
子供達は、私達に大切な何かを教えてくれるために、産まれて来てくれると思っているんです。だから、レオンやネロ君には、誰がママなのか、ちゃんと分かっていたんだと思います(*^_^*)
責任の重さの分だけ幸せをもらえるんですから、怖いなんて言ってられませんよね。(*´O`)ノおぉーー!
普段、記憶力の悪い私も、この日の事は不思議と覚えているんですよね。是非yjankさんとネロ君との出会いも、披露して欲しいなぁ~(^人^)
ネロ君がレオ?レオン?う~~んやっぱりネロ君ですね~。そうそうこれも運命なのだ!(笑)
パパさんは猫アレルギーでなくて、ほ~~~~んとうに良かったです。どうもありがと~(*^^*)/~~
Ranran
2008年05月05日 00:32
★ロミオさんへ★

やっぱり!ルー君にも家族になる人が誰なのか、ちゃんと分かっていたんですね。ロミオさんのお宅に行くために、産まれて来てくれたんだもの、間違えるハズないです(*^_^*)
もしかしたら、ニャンコには赤い糸が見えるのかも(*^m^*)  ショップの狭いショーケージの中で、私達との出会いを待っていてくれたかと思うと、泣けてきちゃうの~(;;)
家族を迎えるのに、価格なんて関係無いですね。たとえいくらだったとしても、その子しかいないんだもの。
レオンは迎えた時も大きかったけど、それからの成長も凄かったですよ。ルー君も男の子だから、どれくらい成長するか楽しみですね(*´艸`)
Ranran
2008年05月05日 00:33
★jjさんへ★

25年以上も前だと、日本に入って来ている猫ちゃん達の種類も今とは違っていたのでしょうね。ソマリは今こそショップでも見かけるようになりましたが、私を含め、まわりの人は皆知りませんでした。
獣医師さんでさえも、実際に見るのは初めてという方もいらして。
ふと見たタウン誌がjjさんの人生を変えたのかも~(*^m^*) それが我が家にもめぐって来た!たくさんの偶然(必然かな)がつながって今があるんですね。
jjさんのようなブリーダーさんのおかげで、血統が守られ、育まれ、そして素敵なソマリ達に会える、私達のようなパパママがたくさんいるんですね。ソマリの魅力にハマっちゃう人が増えたら嬉しいなぁ~(*´ー`*)
jjさんの愛情はルルにいっぱ~い詰まっていて、我が家でそれを振りまいていますよ~(*´艸`) 沢山の幸せをくれる子供達のために、私も頑張らなくちゃ~って思います。
馬の物語、見たかった~。動物と人との関係ってきっと素敵ですよね。レオンもルルも、私達を選んでくれたんだもの、それに恥ないパパママになりたいです。こちらこそ夢のような出会いをありがとうございます。
Ranran
2008年05月05日 00:33
★のちくさんへ★

私も赤い糸って、しっかりと繋がっていて、パパママにはピンとくるんだと思うんです。でもそれ以上に、純粋なニャンコ達には赤い糸が見えているんじゃないかって思えてしかたないんです。
レオンもルルも、私に大切な何かを教えるために、産まれて来てくれた様に思います。やはり命の責任は思いです。その命を守って、新しい生命を生み出す、のちくさんのようなブリーダーさん達はすごいなぁ~って尊敬します。
パパママは責任の重さの分、たくさんの幸せをもらえるので、いつか子供達が幸せに虹の橋を渡れるように、頑張りたいですヽ(*^^*)ノ
金銭のやりとりは当然の事だと思います。ブリーダーさんが責任を負って血統を守り、育んでこられた事に対する感謝のひとつの方法だと思うので、宝くじが当たった暁には、どどーーーんと!(≧∀≦)
親バカ日記パワーアップ!で頑張ります。(少しでも多くの人に猫やソマリの魅力を知ってもらえたら嬉しいんです。(*´ー`*)夢)